Images

キャンデラブラム 324

[Ljava.lang.Object;@7039ac 3527732

Details

¥ 1,811,000

Product Actions

Add to cart options

このキャンデラブラム(燭台)は、ジョージ ジェンセンの様々な要素を作品に取り入れてお互いを調和させながらひとつの作品をつくる技術を象徴するピースです。キャンデラブラムの本体を中心に装飾が施され、そのコントラストで重厚なアームが外に向かって伸びるフォルムは、斬新で美しさを感じさせます。しなやかに湾曲するアームは花の茎を想起させ、トップ部に置かれたぶどうのデコレーションが全体を引き締めています。

キャンデラブラム 324は、第一次世界大戦(1914-1918)の終わりごろにデザインされました。この時代は経済状況が非常に良く貿易も盛んであったため、銀細工師たちの下にも多くの仕事の依頼がありました。この頃に作られたジョージ ジェンセンの作品は、最も豪華な装飾が施されています。この傾向は、2アームのキャンでブラム324に反映されており、特に1920年に制作された5アームのキャンデラブラム383では顕著に現れています。

キャンデラブラム324のボディーがタンポポの花の子房から着想を得ている事から、「ポピー」キャンデラブラムと呼ばれています。ボディーは2つのピースから成り、彫金師がピースひとつひとつに鎚目と装飾を入れて、その後銀細工師によって仕上げられます。銀細工師は、細心の注意を払いながら各部位の長さや大きさ、角度を調整し完璧な作品を作り上げます。

  • 製品番号: 3527732
  • 素材: スターリングシルバー
  • 寸法: H: 220mm W: 74mm L: 257mm
  • デザイン年: 1919
  • ご注意ください: 配送時期は商品の在庫状況により異なります。

Promotions