Corporate Social Responsibility

企業の社会的責任

国連グローバル・コンパクトメンバーシップ

2009 年、ジョージ ジェンセンは国連グローバル・コンパクトに加わりました。

国連グローバル・コンパクトは、持続可能な開発、人権の保護、労働権の保護、環境保全、腐敗防止など、国際的に合意された 10 の原則に基づいています。 

ジョージ ジェンセンは、国連グローバル・コンパクトの原則に反する行動を継続的に防止および軽減することを約束するとともに、当社事業に関連する原則の実現に向けて努めています。

当社のガバナンスは、OECD 多国籍企業ガイドラインに適用される、国連のビジネスおよび人権に関する指導原則 (UNGP) が設定したグローバル最低基準に準拠する必要があります。

ジョージ ジェンセンはこれらの 10 の原則をガバナンス構造と働き方に取り入れ、社会的責任を果たすために必要な改善を継続的に行っています。

従って、ジョージ ジェンセンは、環境や腐敗防止に重大な影響を与える可能性がある場合は社員が率直に発言し、当局に知らせることができるよう、継続的なデューデリジェンスと効果的な陳情処理メカニズムの確立に取り組んでいます。

 

ジュエリー協議会会員としての責務

2021 年、ジョージ ジェンセンはレスポンシブル・ジュエリー・カウンシル (RJC) に参加しました。

RJC は、ダイヤモンド、金、プラチナ グループのメタルジュエリーサプライチェーン全体で、倫理的、人権、社会的、環境的習慣を進化させるためのスタンダードを確立する目的で設立された組織です。

RJC は、ジュエリーサプライチェーンのスタンダードと、第三者監査を通じた責任あるビジネス慣行を検証するための信頼できるメカニズムを開発しました。

当社は RJC のメンバーとしてその行動規範に従い、ジュエリーおよび時計事業の実施と運営に取り組んでいます。

当社は、倫理、人権、社会的、環境的配慮を日常的な業務に取り入れることに尽力しています。

 

CSR ポリシー

国連開発計画(UNDP)の10原則

従業員の行動規範

サプライヤー行動規範

2021年奴隷および人身売買に関するステートメント

 

Georg Jensen A/S

COP レポート:

COP 2020

COP 2019

COP 2018

COP 2017

COP 2016

COP 2015

COP 2014

COP 2013

COP 2012

COP 2011

COP 2010

COP 2009

 

Georg Jensen Investment ApS

COP レポート:

COP 2020

COP 2019

COP 2018

 

詳細につきましてはこちらにお問い合わせください。

csr@georgjensen.com