当ブランドの価格はすべて本体価格表示(外税)となっております。また、商品の詳細につきましては各店舗にお問い合わせください。

Select Georg Jensen site

To ship internationally, you must shop from the site that matches your shipping destination.

アルケン & ベングトソン(Alken & Bengtsson)

アルケン & ベングトソン(Alken & Bengtsson)

マリア ベングトソン(Maria Bengtsson)はストックフォルムのコンストファック(Konstfack)大学で学んだグラフィックデザイナーです。一方、トーマス アルケン メーベル(Thmoas E. Alken Møbel)は、デンマークデザイン学校を卒業したインダストリアルデザイナーです。現在、二人はアルケン & ベングトソンとして、ジョージ ジェンセンのデザインを手がけています。

デンマークデザイン協会会員であるアルケンは、ヘルシンキデザイン美術大学を卒業した後、1997年にデンマークデザイン学校で学びました。また同年、コペンハーゲンにて自身のデザインスタジオをスタートし、2005年からは、キャビネットメーカー オータム エキジビション(The Cabinetmakers Autumn Exhibition)の理事を務め、2007年には、デンマークデザイン協会の学術専門顧問委員会のメンバーに就任しました。2009年には、コペンハーゲンのデンマークデザイン学校での協議会に参加しました。

アルケンはコペンハーゲンの中心に位置する美しいボタニカルガーデンの近くに自身のスタジオを持っています。スタジオでは、家具やプロダクトデザインを手がけ、デンマークや世界中のクライアントへのデザインアドバイスを行っています。アルケンは、デザインスタジオを、「小さいけれど情熱に溢れ、幅広い専門的知識とエネルギーのみなぎる場所」と表現しています。「我々は、コンセプトの持つ強い力を信じています。人の体とそれを取り巻く環境に着目しながら機能的なフォルムと審美的なフォルムを組み合わせ、それらを兼ね備えた普遍的なデザインを生む事が私たちのゴールです。最適な素材と製造方法を選び、フレーム化されたオープンな取り組みを行っています。」

グラフィックデザイナー兼イラストレーターとして活躍するベングトソンは、1997年にスウェーデンのストックフォルムにあるコンストファック美術大学を卒業しました。さらに、ヘルシンキのインダストリアル芸術大学とコペンハーゲンのデンマーク芸術アカデミー建築学科でも勉強を重ねました。ベングトソンは、森、湖、山などの豊かな自然に恵まれたスウェーデンのモラで1968年に生まれました。育った環境の要素すべてが、常に彼女の作品のインスピレーションの源となっています。1998年からコペンハーゲンに拠点を移し、自身のスタジオでフリーランスのグラフィックデザイナーとして活躍しています。

彼女は、テキスタイルのパターンデザイン、そしてガラスやセラミックを使った作品づくりとプリントのプロジェクトに取り組んでいます。大規模のプロジェクトでは、他のインダストリアルデザイナーや家具デザイナーとのコラボレーションを行います。アルケンも欠かせないパートナーの1人です。ベングトソンは、本やレイアウト、企業や出版社のロゴやグラフィックのデザインなど、数多くのプロジェクトを手がけました。また、新聞、本、雑誌のイラストを手がけ、魅力的なファッションイラストレーションも行っています。

デザイナー